トップ 便利屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

便利屋ナビ便利屋に頼む > 便利屋に頼もう(家事編-1)

便利屋に頼もう(家事編-1)

便利屋に頼もう(家事編-1)の画像

便利屋は、その名の通り、どんな仕事に対しても段取りをつけて仕事をしてくれる事業者ですが、具体的にはどんな仕事をしてくれるのかを少し見ていくことにしましょう。部屋を整理したい、ところが、どこから手をつけてよいかわからない。あるいは、一念発起、朝から部屋を片付け出したのに夕方になっても大して片付かず、かえって散らかってしまった、そんな経験を持つ人は案外多いのではないでしょうか。

便利屋に対する依頼で最も多いのが、この部屋の片づけや整理整頓といわれています。こうした仕事はたいていの便利屋にとって手慣れたものです。まずは、部屋にある捨てられるものをゴミ袋に入れて捨てるところから仕事は始まるでしょう。これだけでも、床の面積が広くなり、仕上がりへの期待が大きくなります。そして次に手をつけるのが本や雑誌、CD、ビデオ、DVD類などです。これらのものは思い入れのあるものも多く、なかなか処分することが難しいものです。しかし、他人の手が入ると、思い切って処分しようという意識が働きます。また処分できなくても、きちんと整理して整頓すれば相当に部屋は片付きます。

そして次に問題なのが衣類、これもまたなかなか処分できないもののひとつです。今は着なくても、いつか着るのではないか、もう少し痩せれば、この服も着られるなどと思っていると全く片付きません。これらのことは部屋を片付けるのが苦手な人なら、誰にでもあることです。こうした人達は一人で部屋を整理整頓するのはかなり困難です。つまるところ、モノが多すぎることが原因のひとつだからです。

これを解決するためには、誰かに片づけを手伝ってもらう、あるいは、思い切ってすべて任せてしまうといった態度が大事です。案外、絶対においておきたいものというのは少ないものです。便利屋の手を借りて、リサイクル屋さんに売るもの、捨てるもの、引き取ってもらうもの、どうしても置いておきたいものなどと仕分けすると、モノはみるみる片付きます。見る間に部屋は広くなっていくでしょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


便利屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 便利屋と若者(1)

便利屋に依頼するのは、もちろん高齢者ばかりではありません。若い人たちからも様々な依頼が来ます。ただ、多くの若者は友人もいますし、身体も健康な場合が多いので、便利屋に依頼する人には友人があまりいない、その土地に来てあまり間がないといった人が多いようです。一言で言うと「孤独」とか「一人ぼっち」ということでしょうか。もちろん、そうでない場合もありますが、それが一時のことにせよ、もともと一人でいるほうが好きということなのか、特に便利屋の需要が多い都会ではそうした傾向が見えるようです

便利屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。