トップ 便利屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

便利屋ナビ便利屋に相談 > 便利屋と高齢者(2)

便利屋と高齢者(2)

便利屋と高齢者(2)の画像

便利屋の仕事の中心である家事の代行や「話し相手」といった仕事は高齢者によるニーズが一般に高いといえるでしょう。中年までの年齢なら難なくできるちょっとしたことが高齢者にとっては決してできないこととなることも少なくないのです。

例えば部屋の模様替え、ちょっとした整理整頓、そんなことが高齢者にとってはとても大変なことなのです。ひとり暮らしの高齢者にとてもそんなことを行う気力は湧かないでしょう。そんな時、思い浮かべるのが便利屋です。仕事をてきぱきとこなしてくれる仕事屋は、日頃、頼る人のいない高齢者にとってはたいへん頼りになる人となります。それはお金には代えられないことなのです。ひとつ家事が片付くと、今度はあれをして欲しい、ここを何とかしたいという思いが湧いてきます。

便利屋の対応がよければよいほど、高齢者は仕事のリピーターになってくれるでしょう。遠くの親戚や子供たちより、近くの他人です。文句一つ言わず、何でも仕事をこなしてくれる便利屋を心のよりどころにする高齢者も現われます。こうして高齢者の「話し相手」が便利屋の立派な仕事に変わっていくのです。

確かにこうしたことは現代の世相の歪みを反映しているかもしれません。しかし、便利屋のこうした仕事によって、心豊かな毎日を送ることができるようになった人も多いのです。家事代行の合間にしていた「話し相手」の時間がいつの間にかメインの仕事になる、そんなことはよくあります。もちろん便利屋の中には、こうした「話し相手」といった仕事が苦手な人もいます。誰もが上手な話し相手になるわけではありませんが、自分ひとりで様々な人に会い、いろいろな仕事をすることが多い便利屋には話しが上手な人も多いといえるでしょう。

どんな仕事をするにせよ、愛想よくにこにこしている人が好かれるのは世間の道理、便利屋もその例外ではありません。便利屋の中には、こうした高齢者を対象にした仕事が何よりも好きという人もいます。自分のお客さんが自分を心待ちにしていてくれること、自分が話し相手になることで相手が見る見る元気になるのを目のあたりにしていることで、便利屋の仕事にやりがいを感じるということでしょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


便利屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 便利屋になること

便利屋が確固たる社会的地位を占めるようになって、便利屋を仕事として考える人も増えてきています。バブル以来、つかの間のITバブルの時代を挟んで(それさえ一般の人には好景気を感じる機会の少ないバブルでしたが)、不景気な時代が続いています。国は閉塞感に包まれ、政治もなかなかそれを払拭することができません。そうした状況の中で、就職難、失職など、労働市場にとっては暗い話題が続いています。 そんななかで自分自身の能力を使って働こうと考える人は徐々に多くなっているようです。そしてそのよう

便利屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。