トップ 便利屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

便利屋ナビ便利屋に相談 > 便利屋と若者(2)

便利屋と若者(2)

便利屋と若者(2)の画像

便利屋が、自分の子供についての悩みを打ち明ける親の支援をしている場合もあります。例えば、引きこもりの子供やニートの子供を持つ親、不登校になってしまった子供の親などが、便利屋に相談する場合もあります。本来は、専門家に相談するのが一番ではあるのですが、どうも専門家のところに行くのは敷居が高い、子供も一緒には動こうとしない、そんな場合に、いつでも家まで来てくれて話を聞いてくれる便利屋はある意味、頼りになる存在になりえるということなのでしょう。

子供たちの中には、自由に自分で自立して生活している便利屋を見て、高校、大学と進学して、一般企業に勤めるという方法の他にも生き方はあるということを実感する子供もいます。ですから、そんな便利屋に対しては、自分の気持ちを素直に言えるということもあるのでしょう。もちろん、便利屋はプロのカウンセリングではありませんから、専門医のように治療をするというわけではありません。

しかし、子供たちや若者が立ち直るきっかけをつくるくらいの手助けができる場合は十分にあるのです。ニートの人達の中にも、自分はこのままでいいのだろうかと思っている人は多いものです。しかし、やりがいのある仕事がみつからない、自分に自信がないという人は多いのです。そういう人にとって、誰にでも出来そうに見える仕事でお客様に喜ばれ、報酬ももらえる便利屋の仕事はとても不思議でもあり、魅力的でもあるようです。

便利屋は完全フリーで営業している場合も多いですから、仕事をするにあたって自制心がなければできません。休みたいと思って、ずっと休んでも、顧客を失うだけで誰に文句を言われるわけではありません。しかし、確実に生活は立ちいかなくなります。それに何より、仕事をしたときの達成感もお客様の笑顔も感じたり見たりすることができません。だからこそ、頑張って仕事ができるともいえるのです。

そういう意味では、便利屋も便利屋に相談を持ちかける若者と同じように悩みを持ち、それと折り合いをつけながら仕事をしています。仕事をすることの喜びをストレートに若者に伝えられる、それが悩みを持つ若者の中に、便利屋に相談してみようという気持ちを起こさせる理由かもしれません。



スポンサー広告

ネットショップ広告


便利屋ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 便利屋で大助かり(1)

便利屋を実際に使っている人の体験談を聞いてみましょう。例えば、こうしたケースがあります。父が他界してから母一人、子一人で暮らしていたのですが、結婚して主人の転勤と伴に、少し離れた場所に住むことになり、高齢の母のことが少し心配になってきました。介護が必要と言うほどではないのですが、少し、足腰も弱ってきて何かと心配なことも増えています。たまに実家に戻っても、だんだんと掃除の回数も減っているようで、きちんと買い物ができているのかも少し心配です。 そこで、便利屋さんに頼んで、週に2

便利屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。